中学受験は完璧を求める勉強はしない方が良い

中学受験では満点をとれればそれが一番良いのかもしれませんが、それは現実的に厳しいと言えます。もしかすると、受験対策の勉強をする段階において、全てを完璧に解けるようにしておくという意識で学習を進めているケースもあるかもしれません。
満点を目指すことにより、結果的に95点や90点がとれるようなスタイルにしているケースもあるでしょう。しかし、受験勉強の観点からすると、完璧という部分は捨てた方が良いかもしれないのです。それは完璧を求めすぎると非効率になるからです。

完璧を求めて普段から勉強していると、捨てても良いような問題、本人にとって厳しい問題なども時間をかけてしまうことになりかねません。
どれだけ頑張っても時間内にできないような問題が出てくることは多々あります。そういう問題に時間を割くのはもったいないのです。

受験対策の勉強をしている段階から、問題の取捨選択をすることも視野に入れておきましょう。例えば難しすぎるから場合によっては後回しにする、これは簡単に解けそうだから先に解いておくなど、そういうメリハリをつけた勉強をしていくというようなことです。解けない確率の高い問題に時間をかけず、解ける確率が高そうな問題に時間をかけることで、結果的に点数が伸びやすくなり、効率的になることも十分考えられます。

したがって、中学受験では完璧を求めた勉強をしないということも一つの選択肢として挙げられるのです。愛媛県行ってみない?